ひとり暮らしをする前に、どんな準備をして何が必要なのかをまとめてみました。ひとり暮らし 始める費用など資金面も調べました。


by klbzjpg6

<   2014年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

一人暮らし 必要なもの

初めての「ひとり暮らし」には何が必要?
私はこのサイトでだいたい把握できた。
一人暮らし便利グッズ

無料で公共料金住所変更できたりするし
インターネットや
家具についても安くてよいものが多かった。

冷蔵庫
洗濯機
テーブル
ベッド
などイチから揃えないといけないものばかり

忘れがちなのが照明器具やカーテン
うっかりしていて
ガスの契約もしていなくて
真っ暗な部屋でお風呂も入れず

スタートする一人暮らしになってしまわないように
必要な物を先に書いておいてチェックすると良い。

最近では
家具をレンタルで一式貸してくれるところもある。
気に入ったら買い取ることもできるので
新しく核をそろえるのに購入するのであれば
レンタルという方法もオススメだ。

布団。衣服。靴
などは、今まで使っていた自宅から持っていくのがオススメ。

全てが全て新しいものばかりだと
ホームシックで逆に居心地が悪くなってしまう。
長く使い続けた枕など意外と睡眠導入剤になってくれるものだ。

 


[PR]
by klbzjpg6 | 2014-01-30 09:53

大学生の一人暮らし物件選びコツは?


部屋を決める前に、まずは賃貸情報検索サイトで物件検索を。

エリア8沿線ごとの相場を調べて
条件検索をして
大体でいいので
家賃の相場を把握しよう。

進学先が遠方などで
簡単には見学に行けない人は
特に一人暮らし物件を調べて
地元の不動産会社へ連絡しておこう。

気に入った物件は
一見飲みではなく5件以上見つけておいて
1 から2日でまとめて見学の予約を。

それから足を運べば効率が良い。

気になる物件を見つけたら
写真で見るのと
直接足を運んでみるとでは
印象が全然違うので

自分で見ておきたい。

また部屋から学校までの距離や
周辺施設の確認もしておこう。


日当たりが強すぎると夏場はクーラーがなければ持たないし
午前中と夕方では部屋の向きによって
温度がまるで違う。

また、いくら安いからといって
近隣住人に価値観の違う外国人や
うるさい人がいたら
とても住みにくいと感じてしまうので

どんな方が住んでいるかお野菜にも確認しよう。


[PR]
by klbzjpg6 | 2014-01-29 09:48

ひとり暮らし家賃相場(大学生の場合)

全国の1人ぐらし大学生の賃貸の家賃

2013年のスーモの調べでは
大学生の1人暮らしの家賃の平均は

1番多いのが4から6万円で42%

2番目に多いのが4万円未満で41.7%

3番目に多いのが6から8万円未満で13%

8万円以上が3.3%


家賃は東京などでは非常に高く地方に行けば行くほど
安くなるので
この平均はアテにならないかもしれないが
同じ大学生がこのような金額で暮らしている。

親が払ってくれるからいい、と思っている学生もいるかもしれないが
ここでの経験が
社会人になっても役立つし
後輩にも教えてあげられる。

なるべく自分で把握するように
大人の一歩として自分でやってみよう。

生活費で必要な
家具、家電の購入費用や
引っ越し費用もかかるのだ。

敷金や礼金の算出基準ともなる家賃が安ければ
初期費用も安くなる。


[PR]
by klbzjpg6 | 2014-01-28 09:44

ひとり暮らし 費用一人暮らしを始めるのに料金はいくらかかるか?


春から始まる大学生活。
初めての一人暮らしは、楽しみでもあり不安でもある。

お金はいくらかかるのだろうか。
アパートの物件契約時にかかる金額は
家賃の数か月分の敷金、礼金、中間手数料に加え
前家賃、管理費、保険料など

一括で支払うことになる。

1.敷金(家賃の0から3ヶ月分)
これは、家賃の滞納や部屋を汚した時の担保として預けるお金

2.礼金(家賃の0から2か月分)
部屋を貸してもらうお礼として大家さんに払うお金です

3.保証金・敷引き
敷金礼金と
保証金・敷引き間違いは?
関西など、地域によっては賃貸契約の時に保証金を預ける。
退出時になると一生の額が敷引き落として、引かれて返金される。
例えば、入居時に保証金が21万円
敷引き14万の場合
退出後に、 7万円が返却される。

4.仲介手数料(家賃の1.05ヶ月まで)
大家さんと自分の仲介をした手数料として
仲介してくれた不動産会社に払うお金。

5.前家賃(家賃1ヶ月分)
入居可能日から、次回の家賃支払い日までの日割り家賃。


[PR]
by klbzjpg6 | 2014-01-27 09:44